2011年11月17日木曜日

[GT4]ホンダ・アコードユーロR(CL7)

前回旧型CL1型のアコードユーロRだったこともあり、折角なので新型のCL7型を買ってみました。
こちらは新車でした。












ボディは旧型よりも大きくなって、ヨーロッパ色が強い雰囲気です。それと共に名前通りの「ユーロ」な雰囲気も増したような・・・
















デザインは旧型と比べると相当凛々しく感じます。旧型のセダンとしてよくあるなデザインも自分は好きですがね。













6速マニュアルで高出力NAエンジンのスポーツセダンなんて今では相当希少な存在となっています。
同じくくりだと昔はカリーナGTやアルテッツァなどありましたが・・・今ではありませんね。
挙句の果てにカリーナの後継として位置付けられているアリオンはマニュアルシフトモデルさえも無いという・・・








とりあえず筑波なども走ってみましたがゲーム内とはいえ楽しい車だなと思いました。














しかしこうやって見ると色のせいかもしれませんがとても落ち着いた雰囲気の車に・・・
当然ながら実車は過激かつ大人なセダンなアコードですが・・・
どちらにせよ大人しそうで速いスポーツセダンなんて自分の大好きな部類ですからね。










と、思い明るいところの画像を見てみると凛々しいと感じたり・・・
自分はヨーロッパなどでも売られているアコードやレガシィ、アベンシスなど好きだったりします。特にアベンシスは現行トヨタのセダン・ステーションワゴンの中でも一番格好良いと思っています。
日本ではステーションワゴンモデルのみが限定で売られているだけですが・・・








下から煽ってる画像ばかりだったので上から。グローバルなFFセダンということもあり、とても乗りやすそうなイメージを持つアコードです。













そんなヨーロッパ雰囲気溢れるアコードを和の風景と共に・・・

しかしこれが面白い。ヨーロッパの基準をふんだんに取り入れた車なのに、和の風景にもしっくりくる・・・流石は日本車ですね。
ただ海外専売車とか最近の日本車だと合わなそうな車も多そうな気が・・・
ちなみに緑とベージュっぽい色のツートンカラーなAW11MR2は更にぴったりでした。抹茶みたいな色が相当似合ってました。





最後に奮発してこんな車を買ってみたり・・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿