2011年12月28日水曜日

ミニ四駆のランクル

以前買ったミニ四駆のランクル70を組み立ててみました。
ミニ四駆と言えば、レーサータイプのコースを走らせるモデルが一般的ですが、このようなクロカンモデルシリーズもあります。
ちなみに自分はレーサータイプのミニ四駆をやっていた時期もありました。庭で走らせていただけですが、地元の胡散臭い中古品店にミニ四駆が100円で売られていた時があり、相当台数を買って組み合わせたりして遊んでいました。
このモデルは悪路を走らせて遊ぶ物なので、大きなタイヤと高い車高のシャーシです。
一応ボディまで組んでみるとこうなりました。フォグやアンダーガードまで付いていていい感じです。友人がこれのジムニー(SJ40)を買っていました。
これはパリダカモデルなので、多くのステッカーが付いてきましたが、最初はちょこっと塗って、ノーマルモデルみたいな仕様にしてみようかなと。飽きたらパリダカ仕様にステッカー貼ってみようと思っています。

背面スペアタイヤのようなパーツも付いてきましたが、何処にもつける場所が無いという・・・何処かに両面テープでも使って付けたほうがクロカン及びRV車な雰囲気出て凄く良いですし、後々付けようかと思っています。
以前買って組み立てたワイルドミニ四駆のハイラックスサーフと並べてみました。
普通に考えるとランクル70の方でさえ大きなタイヤですが、このサーフと並べると小さく見えますw
それほどこのサーフが履いているタイヤは大きいですw

後々、裏の土地で走らせたいですね。悪路を走らせてナンボな車ですからね。

0 件のコメント:

コメントを投稿