2013年5月6日月曜日

日立 PC-DT3158

久しぶりのハードオフの袋です。

スピーカーかな・・・?







ディスプレイです!

15インチですがお値段なんと1,050円なり。勿論ジャンク品。










日立製。

サイズ的にも古そうですが結構薄めだし白なのに黄ばみも無いしで結構良さげ。






PC-DT3158という品。









付属品は電源ケーブルのみ。









入力端子はVGA端子。

VGA端子のケーブルならブラウン管ディスプレイがやたら転がってたころがあるので幾つか手元にありますのでおk。





少し綺麗にしたつもり。

さほど汚くもないので写真ではさほど分からず。






さぁ適当にSempronを積んだPCをつなげて動作テストしてみましょう。








おっかない赤ランプ。

どうやら電源切→赤、待機→橙、電源入→緑 という色らしく。






と同時にメインPCに不具合発生。

データ用のWDのHDDを認識してくれません。






コンピューターで観てもこの通り。

これにMドライブとNドライブがあるべきなのです。






もう一度起動。

エラー表示が。やはりWDの2TBHDDが認識されず。






日立のディスプレイは無事付きました。
発色も案外悪く無さそうです。








WDのHDDを引っこ抜くと何事も無かったかのように起動。

明らかに原因はWDのHDDのように、メイン+でつないでいるHDDらしく。

ちなみにこのエラー、リカバリーする前からです。


ポートを変えると認識してエラーも出さずに起動するという。

PCに詳しくないので原因も分からず...。






改めてBIOSで。ちゃんと表示されています。








OS側でも認識。

やっと復活です。







流石に解像度は低いようで。こればっかりはしゃあない。








自動調整→「しない」「する」









設定保存する?→「しない」「する」
ディスプレイが語りかけてくれます(ぇ

用途が定かではないのに買ってしまったのは言うまでもなく...。

0 件のコメント:

コメントを投稿