2016年2月4日木曜日

ヴィッツにまともなオーディオを…WX-7700MDX導入

なんだかんだで純正オーディオのままカセットアダプターを使い、2年ほど経ちましたが、ついに交換です。

ソニーのWX-7700MDXという2DINデッキを格安で手に入れることができたので、取り付けました。

写真が足りてません。デッキを買った時の写真が無いぞ…
取付にあたり、上の写真にあるカナック企画の「KK-Y42D」を購入しました。オーディオハーネス、オーディオパネル、取付金具、取り付け説明書が入っています。DOPのパネル買うよりも便利かもしれませんね。

外すことに関しては前に書いたブログに記事がありますのでそちらを(ry

というわけで、以前やったのと同じ手順で進めていきます。

純正オーディオが外れました。
カセットアダプターとはオサラバです。
新しいデッキに取付金具をビス止めし
配線をつなげます。
これも、カナック企画のキットに一通り書いてあります。

ちと高めですが、買ってよかったです。
ヤッター!動いたー!

ですがラジオが、いくらアンテナ繋ぎ直しても入りません…orz
純正オーディオからシガーソケットとコインホルダーを抜かなければいけないのですが、ここが一番苦戦しました。なかなか外れないのです…。コツはしっかり位置をあわせることでした。
AUX用にRCAケーブルを繋いでおきます。手元にあったのがビデオ用だったので黄色端子も…

とはいえ黄色は宙ぶらりんです。
最後はオーディオパネルをはめて…。完成です。ついにデッキが変わりました。

この変な見た目…これを求めていたわけです…。

あくまで取付記みたいな記事になってしまったので、細かい機能などはまた別記事にします。

0 件のコメント:

コメントを投稿