2016年3月3日木曜日

RICOH Caplio GX

つい…動作未確認ジャンクで安かったので、入札してしまいました。

1,200円で落札。送料840円と、合計2,040円でした。
リコーのカメラは初めてです。
単3乾電池使用モデルですが、「充電池・充電器無しの為、動作未確認につきジャンク」との表記がありました。そもそもこのモデルで、専用充電池はオプション扱いです。

んで、乾電池入れれば動くんじゃね???ってことで入札したわけです。



RICOH Caplio GX(2004年5月20日発売)

もう12年も前のモデルになってしまうわけですね。

最近集めているコンデジでは珍しいブラックボディ。やっぱりカメラは黒いほうが(ry
焦点距離は35mm換算で28~85mmと使いやすい印象。
F値は2.5スタート。
設定までモードダイヤルで選択します。
シャッターボタンがチャチい…。
加えてホットシューもありますね。
サイバーショットP150と同じような横長ボディのおかげで、液晶は小さめに。

1.8インチ…慣れないと頼りないです。
端子はむき出し…
両吊りストラップが使えるのは嬉しいところですね。

ですが、カメラの値段をストラップの値段が超えそうです。
「SDカード」に対応しています。2GBまで確認できました。

手持ちの2GBがPowerShot S80に使ってしまっているので、どこかで確保してきましょう。
電池は単3乾電池です。

オプションの充電池も使えるわけですね。
電源投入。
最初に、適当な百均充電池を入れたら上手く電源が入らず焦りました…。充電式エボルタ入れて解決。

レンズもキレイな状態を保っています。
使用感あると書いてあったわりに、ビックリするくらいキレイです。

保管したくなる…ところですが、そうならないように持ち出しましょう。
視野角が狭いので、少し外れるとほとんど見えない液晶。

最近は慣れました。
この個体、オプションがチラホラついてきました。

まずはソフトケース。
「Caprio」って入っていますね。RICOHのほうが格好良かったんじゃ…。
スッポリ収まるサイズ。
そして、フィルターアダプターとレンズフード。

取付には、まずレンズの外側にある輪っかを外します。
外した輪っかを
フィルターアダプターに取り付けます。
そして輪っかを外したところにフィルターアダプターをつければ完成。
上から見ると結構前にでばりますな。

これに37mmレンズプロテクターとレンズキャップつければ完璧…!!
レンズフードはゴム製で、はめ込むだけです。

R0010023
R0010023 posted by (C)YUKI2586
というわけで実際に持ち出してみました。暗いわりに良く撮れています。
R0010028
R0010028 posted by (C)YUKI2586
写りがとにかくシャープです。こりゃいいぞ!
R0010031
R0010031 posted by (C)YUKI2586
寄らない写真でもこれだけハッキリと写ります。いいなぁこれ。

今のところ、進んで持ち出したいカメラナンバー1です。




0 件のコメント:

コメントを投稿