2018年7月18日水曜日

GB250クラブマンに2年乗ってみて


我が愛車、GB250クラブマンを手に入れてから2年ちょっとが過ぎ、約7,000kmほど走りました。通勤含め車がメインでありながらでは、そこそこ乗ってるかな…という印象です。

折角なので、2年乗った感想を書いてみました。

・楽しい!
まだまだ初心者ライダーの域を抜けきれない私ですが、そんな私でもGBは楽しく乗れます。軽い・取り回しがしやすいなど、初心者にはやさしい車体ですね。

・燃費が良い!+航続距離が長い!
車と比較したら圧倒的に燃費が良く(30km/Lは当たり前)、かつGB250はタンク容量が15Lと250ccクラスとしては大きめのタンクを備えているので、1回の給油で400km以上走れてしまうわけです。

・乗りやすいエンジン
適度にパワーがあり、とても乗りやすいです。
とはいえ速いわけでもないので、バイパスの追い越しなどは問題ありませんが、高速道路では100km/h+αが限度かなぁという感じです。何よりもタイヤが細く、風に煽られやすいので、あまり高速には乗りたくありません…。

・豊富な積載性
リアキャリアを導入したことで、リアボックス+サイドバッグ+タンクバッグ+シートバッグと、かなりの荷物を積める仕様になりました。
要するにキャンプツーリング仕様でございます。



・・・と、ここまで良いところを書いてきました。
逆に、イマイチな点も上げてみましょう

・走ると華奢に感じる
軽さからのものかもしれませんが…タイヤの細さなどからくるリアの安心感の無さなどから、なんとなく落ち着きがなく、華奢なイメージです。

・古いバイク故の信頼性
私のGBは1990年製と、既に28年が経過しています。
それもあり、現行車と比較するとどうしても信頼性に掛けるわけですね。特に遠出すると気になります。
ちょっと現行車が羨ましいと思うポイントです。

・振動+ポジションのキツさ
結構振動がすごいです…ハンドルに来るのは勿論ですが、ステップにも来るので足も疲れます。これもしゃあないんだよなぁ…。
ハンドルが短いので遠く、肩が疲れます。

手前から…BMW S1000RR(2017年式)、スズキVストローム250(2017年式)、ホンダGB250クラブマン(1990年式)
色々書きましたが、総じて満足しています。単気筒250ccのバイクの中ではなかなか凝った良い造りをしていますし、何よりもカッコイイ!
CB223Sも検討しましたが、細部を見たらGBのほうが良くてGBを選んでいます。

結論:GB250クラブマンは、所有欲を満たしてくれる良いバイクです!

よく一緒にツーリング行くメンバーは皆2000年以降の比較的新しいバイクに乗っていますが、私はまだまだ古き良き感じのするGBで走り続けます!

…とはいえ、キャンプに行くようになるとアドベンチャーバイクが気になるようになり、いずれはホンダ400Xが欲しいな…なんて考えています。当分先ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿